夏に多くなる腰痛の原因は?

 

毎日暑い日が続いていますね。

毎年、夏になると増えてくる症状が腰痛です。

慢性的な痛みから、くしゃみの際などに急激に痛めるぎっくり腰など症状は様々です。

 

なぜ、夏になると腰が痛くなってしまうのでしょうか?

今回はその原因をお伝えしていきます。

 

・冷たい食べ物、飲み物の取りすぎ

暑くなってくると冷たいジュースやアイス、ビールなどを飲食する機会が増えます。

冷たい物を摂取し続けると内臓がどんどん冷やされて働きが悪くなってしまいます。

そして本来内臓を支え助けているまわりの筋肉、お腹の筋肉も硬くなって筋肉がカバーしていた圧力が腰への負担になった結果、腰痛を引き起こします。

冷たい物の過度な摂取は控え、内臓を冷やしすぎないように気をつけましょう。

 

・自律神経の乱れ

夏の夜は気温が高く蒸し暑くなりますよね・・・。

それによって熟睡できなかったり、夜中に目が覚めてしまったりで睡眠不足になりがちです。

十分な睡眠がとれないと翌日も身体がだるかったりで疲れがとれないということに・・・。

しっかりとした睡眠がとれないことが自律神経を乱れさせ、腰痛を引き起こす原因になってしまいます。

 

・冷房に注意

外は35℃前後でも室内は冷房で涼しく冷やされ25℃前後。

そんな室内を行き来していると、気温差で身体に負担がかかり自律神経の乱れや、筋肉が硬くなり、そのことで腰痛が引き起こされます。

家にいる際は設定温度を下げすぎないよう、職場などで冷えすぎてしまう環境下では1枚上に羽織るなど注意が必要です。

 

 

・シャワーのみの入浴

気温が高い日はシャワーでパパッと済ませていませんか?

実はそれだけでは、身体に疲れを残し、腰痛になる代表的な例です。

夏は暑さと湿度で身体は疲れやすく、デスクワークなど室内での仕事後は冷房などによって身体の芯は冷えています。

血流を良くして疲労回復や身体を温める観点からも、湯船につかることは大切です。

 

 

以上の理由から、夏場に腰痛になってしまうことが多いのです。

夏場にひどい腰痛を引き起こさないためにも気をつけてください!