骨盤のための骨盤底筋群の運動

骨盤のゆがみを安定させるために骨盤底筋群を鍛えましょう

骨盤底筋群を鍛えるといいことがあります

 

1お腹まわりのシェイプアップ・ヒップアップにつながります

2便秘解消

3尿漏れ改善

4女性ホルモンのバランスがよくなり、生理不順、PMSなどの改善につながります

5姿勢改善

6内臓のはたらきがよくなる

7軸が安定するのでスポーツパフォーマンスのアップにつながります

 

それでは、早速、骨盤底筋群の運動を上向きに寝てする運動と、立位でする運動をお伝えしていきます

 

骨盤底筋群の運動①

 

骨盤を前傾にしたり、後傾にしたり、動かしながら骨盤底筋群を鍛えましょう

 

1 上向きに寝ます。膝を立てます。手は横に広げます。

2 肩甲骨を寄せて胸を張ります。そして、背中から腰を反ります。骨盤が前傾します。その状態でお尻の穴を締めます。3回呼吸します。背中を元に戻します。

3 背中から腰を丸めるようにします。すると、骨盤が後傾します。その状態でお尻の穴を締めます。3回呼吸します。元のフラットの状態に戻します。

それぞれ、1日1~3回しましょう

絵で説明すると、上から1.2.3の図になります

 

 

骨盤底筋群の運動②

1 立った姿勢で、クッションやタオルを膝の間に挟みます。ちょっと踏ん張るぐらいのところまで膝を曲げます。肩の力を抜き、膝を閉じた状態で少し腰を反ります。ここで骨盤が前傾になります。この状態のまま、お尻の穴を締めます。10秒キープ。呼吸はしましょう。膝を伸ばし、元に戻ります。

2 次は、立った姿勢で、クッションやタオルを膝の間に挟みます。ちょっと、踏ん張るぐらいのところまで膝を曲げます。肩の力を抜き、膝を閉じた状態で少し腰を丸めます。ここで骨盤が後傾します。この状態のままお尻の穴を締めます。10秒キープ。呼吸をしましょう。膝を伸ばし、元に戻ります。

それぞれ、1日、1~3セットしましょう。

 

骨盤のゆがみを整えたら、安定させるために骨盤底筋群をコツコツと鍛えましょう。

何かわからないことや痛みが出た時は無理せずにご相談ください。