知っていますか?骨盤のメカニズムと働き

 

骨盤が体における役割とは?

骨盤は太ももの骨である大腿骨(だいたいこつ)と背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ大切な役割をしています。

また、内臓や生殖器を守る器の役割もしているので、骨盤に歪みがある場合に内臓に影響が出て全身の不調につながります。

 

4つの骨で骨盤は構成されている。

骨盤は仙骨(せんこつ)、腸骨(ちょうこつ)、坐骨(ざこつ)、恥骨(ちこつ)の4つの骨で構成されていて、それぞれに大切な役割があります。

骨盤の中心である仙骨

仙骨は背骨の下方にある腰椎(ようつい)と尾骨(びこつ)を連結しています。

仙骨が歪むとそこに連結している背骨も歪み姿勢が悪くなります。

また、仙骨の前面にある卵巣や子宮にも影響を与えます。

 

内臓や生殖器を守る腸骨

一般的に腰骨と呼ばれている骨が腸骨です。

骨盤の中にある、子宮や卵巣、膀胱や大腸を守る役割を腸骨がしています。

 

座っている時に体を支えている坐骨

骨盤の中で最も下に位置する骨が坐骨です。

読んで字のごとく座った際にイスや床に接する骨です。

座った際に上半身を支える土台の役割をします。

この坐骨で座れていないために骨盤が歪んでいる人が多いです。

 

骨盤の中で一番前側に位置する恥骨

恥骨は骨盤のなかでも前側に位置しているので、直接手で触れることもできます。

妊娠中や産後に恥骨に歪みが生じて、痛みを訴える場合が多いです。

 

骨盤は体にとって非常に大切な役割を担っている

骨盤は体(骨格)の中心にあり、内臓や生殖器を守る器の役割からも、非常に大切な部分だとわかっていただけると思います。

 

さらに骨盤の役割を確認していきます。

上半身を支える役割

生活していく中で座ったり、立ったり、歩いたり、走ったり・・・上半身を起こしている際には常に骨盤によって上半身を支えていなければなりません。

骨盤が歪んでいると前後左右のバランスが崩れ、骨格や筋肉に無理なストレスが加わります。その状態が長く続くと猫背や腰痛、X脚、O脚の原因になります。

 

歩行時の衝撃吸収

骨盤は、歩いている際の足からの衝撃を吸収し上半身を支える働きがあります。

また、大腿骨と股関節で連動して歩行を支えています。

 

座っている際に体を支える役割

前述したように坐骨が、座っている際に支点として働き体を支えます。

理想的な座り方は左右の坐骨で体を支えている状態です。

足を横に出す横座りや、足を組んで坐骨からの支点がずれると骨盤の歪みの原因になります。

 

内臓や生殖器を守る器の役割

これも前述したとおり、骨盤内に内臓や生殖器を存在します。

骨盤が歪む=内臓・生殖器を支える器が歪むことになり、正常な働きができなくなります。

内臓に異常が出ると全身的に症状が出ることもあります。

また、内臓の位置が下がり下腹部がポッコリしてしまう原因にもなります。

 

赤ちゃんを守る役割

妊娠中、赤ちゃんが入っている子宮を大きくなります。

子宮は骨盤内にあり、骨盤によって出産まで赤ちゃんを守り支える役割もあります。

また、子宮が大きくなるにつれ骨盤も開いてきます。

 

まとめ

以上のように骨盤には数多くの役割があり、体の中でも重要な部分になります。

特に産後で骨盤が開きっぱなしになってしまっているママさんも数多くいらっしゃいます。

なかなかご自身の骨盤の状態が把握できない時はお気軽にご相談ください。